みなさんは「いっかげつ」を普段どう书いていますか?

大家平常是怎么写“いっかげつ(一个月)”的呢?

1か月、1カ月、1ヶ月、1ヵ月、1ケ月、1个月……。ざっと変换してみただけでも、6种类は考えられます。

1か月、1カ月、1ヶ月、1ヵ月、1ケ月、1个月……。简单变换一下,就可以轻易列举出6种写法。

こう见てみると、「小さいケ」は不思议な存在だし、「ケ」を「か」と読んでいるのもおかしな话だと思いませんか?

如此看来,“小小一个ケ”真是不可思议的存在,但你不觉得将“ケ”读成“か”有些奇怪吗?

小さい「ヶ」や「ヵ」の由来は?

小“ヶ”和小“ヵ”的由来是?

数えるときだけしか使わなさそうな、小さい片仮名の「ヶ」と「ヵ」。この子たち、いったいどこから出てきたんでしょうか……?

只在数词后使用的片假名小“ヶ”和小“ヵ”,这两个小家伙,到底是从哪儿冒出来的呢?

その答えは、汉字の「个」にあります。もともと汉字では「一个所」という表记をしていました。

答案是汉字“个”。原本是用汉字写作”一个所(一个地方)“的。

この「个」が略されて、竹かんむりの「ヶ」のようなものが1つだけ取られたという説と、「个」の异体字である「个」を崩して「ヶ」になったという説が有力なようです。

有两种比较权威的说法,一则是“个'的汉字被省略,只取其竹字头中类似”ヶ“的部分,还有一个说法是,将”个“的异体字(非标准字体的汉字假名)“个”连笔写成了”ヶ“。

つまるところ、「ヶ」は「ケ」の小文字ではなく、「个」や「个」から派生した记号です。

总而言之,“ヶ”并不是“ケ”的缩小版,而是由汉字“个”和“个”派生出来的符号。

では小さい「ヵ」はどうでしょうか。

那么,小“ヵ”又是怎么回事呢?

まず「ヶ」や「ケ」の読み方「カ」を反映して、「1カ月」という表记が出来上がります。ここで、小さい「ヶ」に合わせて、小さい「ヵ」を使った「1ヵ月」も同様に使われるようになったと推测されます。

首先,“ヶ”和“ケ”读作“カ”,于是就有了“1カ月”这种写法。因此,有人推测认为,为了与缩小版的“ヶ”相对应,人们也渐渐开始使用有“ヵ”的“1ヵ月”这种写法。

どれが正しい?

哪一种是正确的?

ズバリ言うと、どれも间违いではありません。

直截了当地说,哪一种都不算错。

とはいっても、决めておいたほうが何かと便利です。放送や出版などの业界では、社内で统一ルールを决めていることが多く、例えば「ねとらぼ」(ITmedia)では、业界标准として使われることも多い『记者ハンドブック』(共同通信社)にあわせて「1カ月」表记が基本です。

不过统一书写会比较方便。因此在电视和出版等行业内,公司内部会统一书写,例如,在ねとらぼ(ITmedia)是按照被认为是行业标准的《记者手册》(共同通信社),写作“1カ月”。

地名などの固有名词はまた事情が异なります。

地名等固有名词则又有所不同。

东京の「自由が丘」や「霞が関」は今では平仮名に直されていますが、遗迹のある佐贺県の「吉野ヶ里」や静冈の「三ヶ日」などはまだ小さい「ヶ」が使われているように、そのところによって违う字を使っています。地名はその土地の歴史や文化の记録と密接に関わりますから、安易に変更できないという例でしょう。

东京的“自由が丘”和“霞が関”如今改成片假名的书写方式,但是,保留有历史遗迹的佐贺县的“吉野ヶ里”和静冈县的“三ヶ日”等地,仍使用着小“ヶ”,不同地方使用的字也不同。地名与一个地方的历史和文化记录有着密切的联系,所以不能随意更改,以上便是典型例子。

とはいえ、「1ヶ月」と「3か月」が混在してしまっている文章はかっこ悪いですよね。重要なのは、同じ文章中で异なる复数の表记を使わないこと。

话虽如此,文章里“1ヶ月”和“3か月”同时存在真的让人不爽。所以要注意的是在同一篇文章中不要使用多种写法。

本翻译为沪江亚博电竞应用8原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

亚博电竞应用8词汇辨析:「开放」和「解放」

词汇辨析:“花”与“华”的区别