会话

母の日
上海。森家。ある日の午後、緑は日本语教室に出かけている。家の中では、彻平と瑛士の2人が何か相谈をしている。

(彻平が瑛士に指示をしている)
彻平:いいか、瑛士、お母さんが帰ってきても、すぐに部屋の中に入れちゃだめだぞ。
瑛士:分かっているよ、お兄ちゃん。お母さん喜んでくれたらいいね。
(帰って来た緑が家に入るのを制するように、瑛士が玄関口で话し始める)
瑛士:お母さん、お帰りなさい。
緑:ただいま一。遅くなってごめんね。今から、夕饭の支度するから。
瑛士:あっ、ぼく、さっき、肉まん食べたから、おなか空いてないよ。
緑:肉まんって、どうしたの?
瑛士:隣のおばさんがくれた。
緑:隣のおばさんって、陈おばさん?
瑛士:うん…、そうそう、そうだよ。それよりも、お母さん、中山公园で二胡を弾いている人がいたよ。いっしょに见に行かない?
緑:どうして?今から?お母さん、夕饭作らなきゃいけないのに。
瑛士:お兄ちゃんは部活で遅くなるって言ってたし、お父さんもどうせ遅いよ。
緑:何无责任なこと言ってるの。
瑛士:ねえ、ちょっとでいいから。
緑:もう、瑛士ったら、仕方ないなあ…。

(公园で、二胡を弾いている人は见当たらない。日が落ちたので、マンションに帰ってくる)
瑛士:おかしいな。ぼくの闻き间违いだったのかな。
緑:本当に、瑛士は人騒がせなんだから。
瑛士:お母さーん、ぼく、おなかペこペこ。早くご饭食べようよ。
緑:やれやれ。

(瑛士がうれしそうにリビングルームに入ると、食卓にはすでに夕食が用意されている)
彻平:お母さん、お帰りなさーい。
緑:びっくりした一。何、これ!みんなで作ったの?
健太郎:どう、惊いた?
彻平:だって、今日は母の日だよ、お母さん。
緑:そっか一。それにしても、瑛士には、すっかりだまされたわね。
瑛士:お母さん。いつもみんなのために、ありがとう。これ、お母さんの好きな花。
緑:(花をまじまじと见つめて)本当にうれしい。みんな、ありがとう。

新出语汇1

ははのひ(母の日) [名] 母亲节
にほんごきょうしつ(日本语教室) [名] 亚博电竞应用8培训班
せいする(制~) [サ变他] 阻止、制止
げんかん(玄関) [名] 门厅、玄关
したくする(支度~) [名·サ変他] 准备、预备
おばさん [名] 阿姨
ちゅうざんこうえん(中山公园) [专] 中山公园
むせきにん(然资任) [名·形2] 不负责任
みあたる(见当たる) [动1自] 看到、看见
ひとさわがせ(人騒がせ) [名·形2] 无故惊扰旁人
やれやれ [叹] 哎呀呀
リビングルーム [名] 起居室
そっかー [叹] 是这样啊
まじまじ [副] 目不转睛、瞪
みつめる(见つめる) [动2他] 盯看、凝视

~口(くち) ~口儿,~门

下一页:课文